合気道は、開祖・植芝盛平先生(1883~1969)が、創始されました。植芝先生は、大東流合気柔術を武田惣角先生から学び、これに各日本伝統武術の精髄を加え、さらに厳しい精神的修行を経て戦後発表した現代武道です。合気道は相手といたずらに強弱を競いません。体捌きと中心力(呼吸力)から生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。また、合気道は相手と優劣を競うことをしないため、試合や競技を行いません。

開祖・植芝盛平先生

植芝開祖の高弟であった塩田剛三先生(昭和の達人と称された、1915~1994)は、基本を重視した分かりやすい体系に合気道をまとめ、養神館合気道として引き継がれました。養神館合気道は、(公財)合気道養神会を中心に、国内外に普及されつつあります。

 

養神館合気道の特色

合気道は、お互いの習熟度にあわせて技を繰り返し稽古し、心身の練成を図ることを目的としていますので、老若男女幅広い年齢層の方が稽古することが出来きます。また、合気道の道場には年令、性別、職業、国籍を問わず多くの人々が集まり、共に稽古で汗を流すことで人と人の交流を行い、人間理解を深めるためには最適の場と言えます。

塩田剛三先生

養神館合気道は、構え、基本動作、基本技が決まっていて統一されています。それ故、先生が変わっても大きな差異はなく、道場を変わってもこれまでの稽古が生かせるようになっています。また「迷ったら基本に戻れ」の言葉通り、様々な技を行いながら基本にフィードバックするシステムは、稽古生の成長を助けることでしょう。

 

世界の合気道

合気道は、世界的広がりを見せています。養神館合気道の海外普及は1960 年代から始まり、現在(2018)世界国々の約65ヶ国に組織・団体があります。龍ではこの海外普及に伴い(公財)合気道養神会の登録団体によって組織された龍国際合気道連盟(RWAF)が2017 年に結成され、緊密な連携を取っています。NPO法人養神館合気道龍・龍本部からの指導者の派遣、海外稽古生の龍本部合宿等、交流が益々盛んになっています。また2019年2月に「ジュニア合気道世界大会」を開く予定で、海外からも、15団体約60名の青少年が参加します。龍は、合気道を通して、平和で豊かな世界の実現に貢献します。

 

見学の申し込む・お問い合わせはこちら。